忍者ブログ
「あなたのやってきたことはすべて素晴らしい」 この考え方になると、自分が大好きになります。自分の可能性が信じられるようになります。謙虚になれます。心から感謝できるようになります。 そんな学びの日々を記録しています。
[322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先日「聴く達人に挑戦」ワークショップをした田淵真知子です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回も参加者のみなさんにたくさんの気づきがあることを
祈っています。

話すスキルアップにはみなさん努力を惜しみません。
聞くスキルアップというと、努力するまでないと考えてしまいます。

「カウンセラーじゃあるまし」、
「傾聴は専門家のやることでしょう」と。

実際「あの人は聞いているばかりで・・・」というと
いかにも社交性のない魅力の乏しい人物像の表現になります。

だから「きくこと」の評価は低いのが一般的です。

一方で、「あの人は自分のことを分かっていない」
「ちゃんと聞いてない」と深刻な不満がありますね。

ビジネスにおいては「お客様の言うことを聞いていない」
なら致命的です。

家族においては最後は「断絶」です。

だからこそ、相当な意識を持って「きくこと」が大切なのです。
そもそも「きくこと」は難しいのです。

「私はそうは思わない」「私の考えはね」を忘れて
聞くことができていますか?

じっくり話を聞いてくれたら、人はあなたを
「自分のことを分かってくれた」と思います。

コツは3つ
① 遮らない
② うなづく、あいずちを打つ
③ 「私」を捨てる

③の解釈として

ビジネスならまずは「売る」ことを脇に置いて聞くことです。
家族や先生なら「人生の教訓」「小言」「常識」を脇に置く。
クレームなら「こちらの言い分」を脇に置く。

どうです、意識しないととてもできないでしょう?
この「きくこと」を「聴く」と表記して区別しています。

不満を感じる相手、不協和音が響いている相手との会話で
この3つを守って、まずは「聴いてみる」と効果あるはずです。

<今日の気づき>

否定されると戦わざるを得ない
  肯定されると聞く耳を持ち始める

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私も……
「きくこと」はとても大事だと思っています。
人と会う時は、自分が話すより、相手の話を聞こう、
と、思っています。
でも、なかなか「私を捨てる」ことが出来ません。
年下の人と会う時には、「人生の教訓」を生意気にも話したりします。

真知子さんのおっしゃる「きくコツ3つ」は、参考になりました。
ありがとうございます。
文子 2009/10/18(Sun)05:09:27 編集
いちばん難しいこと
「私」を捨てて聴くことが、最も難しいところです。実績、経験、歳を重ねていれば、なおさらです。相手のためを思っているからこそ、言いたくてしかたない、気持ちになりますね。

私を捨ててきくことが、トレーニングのポイントです。相手に集中して、気のきいたことを言うのを抑える。意識しないとできませんね。
田淵真知子 2009/10/18(Sun)10:12:14 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
田淵真知子
性別:
女性
職業:
コーチ 講師
趣味:
読書、音楽鑑賞と演奏、海外旅行、食べ歩き,ユーモアの研究、お笑い番組
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/31 田淵真知子]
[10/29 田淵真知子]
[10/29 AG]
[10/18 田淵真知子]
[10/18 文子]
[10/12 田淵真知子]
[10/12 文子]
[10/08 田淵真知子]
counter
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
田淵真知子
性別:
女性
職業:
コーチ 講師
趣味:
読書、音楽鑑賞と演奏、海外旅行、食べ歩き,ユーモアの研究、お笑い番組
カウンター
プロフィール
HN:
田淵真知子
性別:
女性
職業:
コーチ 講師
趣味:
読書、音楽鑑賞と演奏、海外旅行、食べ歩き,ユーモアの研究、お笑い番組
忍者ブログ [PR]